teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/49 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

かつての生活

 投稿者:ねこ  投稿日:2011年 3月17日(木)15時17分44秒
  通報 返信・引用
  「そこでだ、いいか、冗談はさておくとして、このあたりの地区から
偏見という偏見を一掃するため、おれはここでまず、
いたるところに電流を放とうって思ったんだ。」(290頁、第2部3節)

先日、仕事先で久しぶりに藁葺きの民家を目にした。
そのとき同行していた若い人が、この家って本当に住めるんですか、
とたずねてきた。実際に住んだことはないが、子供の頃は、
よく目にしていたと思う。また、友人の家に招待されて
泊まったことも、あるのではないかと思う。
やはり少しでも目にしておくことは大切なのだろう。
実際に目にしていないと、まったくイメージがわかないだけではなく、
別のイメージで置き換えてしまうのではないかと思う。

引用したのは、意欲的な事業家の一面を持つラズミーヒンの言葉。
とりたてて論ずるほどの内容ではないだろうが、ここを読んでいて、
初めて当時のペテルブルクでは、まだ、ほとんど電灯がなかったのだ
ということに気づいた。物語の中で薄暗い夜道が描かれていても、
勝手に、ぼんやりとした電柱の灯りなどをイメージしていた。
ラスコーリニコフの下宿も、暗い裸電球くらいは点いているような
イメージで読んでいる。ランプか、そうでなければ何も灯りのない
生活などというものは経験がなく、想像さえできないのだ。

そういえば、初めにドイツ語訳で読んだときもイメージの相違に困った。
訳文にWagenという言葉が出てくるのだが、これは現代語ではクルマの意味。
しかし、当時のペテルブルクでクルマが走っているわけがない。
これは当然、馬車の意味だ。ところが、そうわかっていても、
Wagenが出てくると、どうしてもトヨタやホンダをイメージしてしまう。

民俗博物館などで、古い民家や農具などを目にすると、
あれは生活の命のない死物だと思う。
坂口安吾(『日本文化私観』)であれば、ほんとうに生きるために、
そんな死物は捨ててしまえというかも知れない。
しかし、歴史や文学を学ぶうえでは、かつての生活をイメージするために、
かりに博物館の展示物であっても目にしておくことは大切なんだろうと思う。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/49 《前のページ | 次のページ》
/49