teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


エアーズロック・ウルル登山へ

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)15時58分45秒
編集済
  空港から約30分ほどでウルルへ。岩だけがポツンと立っているが、近くで見ると圧倒される。ほぼ垂直に立っていて、こんな所を登るのかと思うと、恐怖心が湧いてくる。登り坂は約47度の角度です。一直線に鎖が300m上空まで伸びている。岩の高さは348m。地下に埋まっている部分は約6千mと言われている。オーストラリア大陸のほぼ中央に位置する。この一帯は先住民アポリジニ人が暮らしてきた聖地と言われている。その為、来年10月1日からは登山禁止となりました。登るのは今年がチャンスです。7月から8月にかけて登るチャンスは45%です。冬場が一番良い季節です。10月~6月までは雨と風が強くて、登山禁止が度々出る。僕は今回来て、快晴にも恵まれ絶好の日を迎えた事になり、恵まれている。ここでの気温は22℃で丁度良い。まず、出発点から鎖に頼りながら登る。地面は岩なので、滑りやすく、少しの凹凸を見ながら、そこに足を掛けながら登って行く。湿度は低く25%なのですぐに喉が渇く。水を飲みながらエッサエッサと登って行く。なるほど、少しでも足を踏み外したら、もう転げ落ちていくだけなので、死ぬこと間違いない場所と思う。今年1年間で78人が死亡している、ガイドが言ってくれた。先日は日本人男性73歳の方が転げ落ちて死亡した所である。  
 

オーストラリア・エアーズロック・ウルル登山へ

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)15時22分5秒
編集済
  シドニーから飛行機で3時間のエアーズロックへ。13:30分着、外へ出ると快晴で真っ青な空と平原地帯。そんな中にぽつんと飛行場があるだけで、他は何もない場所。シドニー上空からシドニー市内の様子。エアーズロック付近の上空から見た所、何もなく赤土だけの草原。空港も原っぱにポツンと建っているいる平屋建ての空港でした。  

シーニックワールド

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)15時07分36秒
編集済
  これが、昔のトロッコ列車です。窓も屋根もありません。又、ここでは石炭も採掘していましたが、今は廃坑になっています。  

ブルーマウンテンズ

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時58分14秒
編集済
  エコーポイントでジャスミン渓谷、美しい3姉妹が岩に変えられたというアポリジニのでんせつを持つ、奇岩「スリーシスターズ」。赤いトロッコ列車に乗車して渓谷内を通り下へと降りて行きました。ここでの気温は8℃で冷たい風が吹いていました。日本では38℃ぐらいの気温になっていたのではと思います。  

シドニーブルーマウンテンズへ

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時47分23秒
編集済
  翌朝は、シドニー市内から1時間30分ほどで、シドニブルーマウンテンズへ。なぜブルーマウンテンズというのかは、辺り一帯がユーカリの木で覆われていて、ユーカリの木の葉から揮発する油分に太陽が当たり、山が青く霞んで見える事からこの名前が付きました。アメリカのグランドキャニオンの様でした。トロッコのような乗り物で、急坂を下ります。スピードは遅いが、まるでジェットコースターの様です。  

シドニー市内観光

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時33分40秒
編集済
  ミセス・マックォリーズ岬公園へ。シドニー湾の東側に位置する。ここからの眺めも絶好のロケーションです。大木の名前は不明ですが、たくさんの実が付いていて、蝙蝠(こうもり)の餌になっています。シドニーブリッジとオペラハウスが遠方に見えています。  

シドニー市内観光

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時25分2秒
編集済
  市内は至る所で道路拡張工事中でした。やはり道路が狭いです。又、市内には教会が沢山建てられています。昔の囚人たちが罰として建てたそうです。砂のレンガ造りが多い。セントメリーズ大聖堂。シドニータワーシティ。シドニータワーの高さ309mあります。展望台もあり。タワー付近は大阪の御堂筋の様なところで、夜は社交場として賑わっている。  

オーストラリア単独紀行

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時02分57秒
編集済
  暑い暑い日本を離れて、季節が逆戻りしているオーストラリアシドニーへ行って来ました。大阪伊丹にある大阪空港を午後5時羽田に向けて出発。快晴・気温36℃。羽田着18:15.シドニーへの出発手続きして羽田発22:20発全日空便でシドニーに向けて出発。シドニー着8:45.10時間の飛行機の度は、首が痛いし、足元は腫れあがったような気分。ビジネスにすればと、後で後悔する。帰りもこのような状態になる事思うとうんざりする。シドニー空港の外へ出ると、気温5℃と出ている。思わず寒いと感じる。上着を着る。早速、観光バスにてシドニー市内へ。ハーバーブリッジとオペラハウスへ。市民の服装姿が冬服になっている事が分かるかと思います。とにかく風が冷たいです。  

西日本豪雨災害お見舞い申し上げます

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)13時53分28秒
  暑中お見舞い申し上げます。広島県、岡山県の被災された皆様方にお見舞い申し上げます。又、新光会会員の方々もおられますが、大丈夫でしたか?岡山、広島の会員にFAXで被害状況をお尋ねしましたが、一人の方から回答が有り、大丈夫との事でした。とにかく自然災害は何時起こるか分かりません、自分自身の身は自分で守ることを日頃から心掛けて下さい。会員の皆さまの安全をお祈りしています。  

7月豪雨災害に思う

 投稿者:MINT  投稿日:2018年 7月10日(火)00時13分42秒
   会員の皆さま、如何お過ごしでしょうか。
先週初めの台風7号の発生時から、予報は梅雨らしい雨のマーク続きで、そ当時はああ、雨でやだな~ぐらいにしか気に留めていませんでしたが、
まさか西日本一帯に渡り、これ程の猛烈な雨量を記録する豪雨になるとは思いませんでした。
近年は夏になると、各地で大雨による災害が発生のニュースを聞くようになり、こうした異常気象は果たして一部で言われているような、温暖化現象が原因なのでしょうか?
私が住んでいます岡山県は、比較的に災害の少ない地域とされてきましたが、被害のあった地域の状況を知るにつれ、雨が降るにしても、豪雨警報を甘く見てはいけないことを、今回初めて思い知らされたしだいであります。恥ずかしながら・・・。
もし、自分の住む地域に発令された場合、危険から身を守るためにするべきことは?
あの6日の夜は特別警報に避難指示までが出ていました。出来る事なら雨が酷くなる前に速やかに避難するのが賢明なのでしょうが、そこまで人はなかなか危機感を感じにくいものです。
幸い、私の地域では被害は無く、大丈夫でしたが、市内の東部や倉敷市の真備町、高梁市は近くの河川の氾濫により、冠水等の甚大な被害を受けました。
未だに孤立状態にある住民の救助は続いています。隣の広島県では、豪雨被害がさらに広がり、西日本の広い範囲で、多くの犠牲者、行方不明者が出ています。
会員の皆さま、被害の無かった地域にお住まいの方々も、どうかこれから起こるかも知れない災害に対し、安全に避難できる備えや知識を身に着けて下さいますよう、お願いします。
聞こえの不自由な私達には、尚更のこと、イザという時に身を守るためにどうすればいいか、援助はどこに頼めば良いか、防災知識をしっかり持つことが大切と痛感しました。

 倉敷市に全国から救助隊員が駆けつけて下さっています。そんな中で、名古屋市から駆け付けられた消防署の方が、ツイッターで「すぐ助けにいきますから、待っていて下さい。」と被災者に励ましのメッセージを送っておられるとのことです。こちらまで、励まされる思いです。救助隊員の方々、ありがとうございます。
広島、愛媛の被災された方々もどうか無事救助されますように!と祈ります。
 

レンタル掲示板
/193