teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ウルル

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)16時27分56秒
編集済
  下山もなかなかしんどい。一歩間違えば滑り落ちるので、慎重になる。とにかく、無事に30分ほどで下山で来た。これで目的達成!バンザイ!途中で、添乗員堀さんが出迎えてくれました。鳩に似た鳥がたくさんいましたが、人を恐れずに近寄って来ます。その後、カタジュタへ。  
 

ウルル登山

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)16時20分12秒
編集済
  地面は月面のあばたの様な模様になっている。ここまで約50分で頂上へ到着。下りへ開始する、下りはよほど慎重にしないと、転落の恐れがあるので、ゆっくりと下山する。  

ウルル登山

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)16時11分22秒
編集済
  約30分ぐらい登ると、鎖も亡くなり、凸凹の中を歩く事になる。頂上ははるか向こうに見えている。そこを目指して歩く。途中に急な一直線の下りが、何カ所かあり、お尻を地面に付けながら、滑り降りる。うすいズボンの人は、お尻が破れることになる。幸い丈夫なズボンだったから助かる。そんな急坂を登り下りしながら、やっと頂上に到着。見渡す限り、何もなく草原である。頂上には羅針盤があるだけで何もない。  

エアーズロック・ウルル登山へ

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)15時58分45秒
編集済
  空港から約30分ほどでウルルへ。岩だけがポツンと立っているが、近くで見ると圧倒される。ほぼ垂直に立っていて、こんな所を登るのかと思うと、恐怖心が湧いてくる。登り坂は約47度の角度です。一直線に鎖が300m上空まで伸びている。岩の高さは348m。地下に埋まっている部分は約6千mと言われている。オーストラリア大陸のほぼ中央に位置する。この一帯は先住民アポリジニ人が暮らしてきた聖地と言われている。その為、来年10月1日からは登山禁止となりました。登るのは今年がチャンスです。7月から8月にかけて登るチャンスは45%です。冬場が一番良い季節です。10月~6月までは雨と風が強くて、登山禁止が度々出る。僕は今回来て、快晴にも恵まれ絶好の日を迎えた事になり、恵まれている。ここでの気温は22℃で丁度良い。まず、出発点から鎖に頼りながら登る。地面は岩なので、滑りやすく、少しの凹凸を見ながら、そこに足を掛けながら登って行く。湿度は低く25%なのですぐに喉が渇く。水を飲みながらエッサエッサと登って行く。なるほど、少しでも足を踏み外したら、もう転げ落ちていくだけなので、死ぬこと間違いない場所と思う。今年1年間で78人が死亡している、ガイドが言ってくれた。先日は日本人男性73歳の方が転げ落ちて死亡した所である。  

オーストラリア・エアーズロック・ウルル登山へ

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)15時22分5秒
編集済
  シドニーから飛行機で3時間のエアーズロックへ。13:30分着、外へ出ると快晴で真っ青な空と平原地帯。そんな中にぽつんと飛行場があるだけで、他は何もない場所。シドニー上空からシドニー市内の様子。エアーズロック付近の上空から見た所、何もなく赤土だけの草原。空港も原っぱにポツンと建っているいる平屋建ての空港でした。  

シーニックワールド

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)15時07分36秒
編集済
  これが、昔のトロッコ列車です。窓も屋根もありません。又、ここでは石炭も採掘していましたが、今は廃坑になっています。  

ブルーマウンテンズ

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時58分14秒
編集済
  エコーポイントでジャスミン渓谷、美しい3姉妹が岩に変えられたというアポリジニのでんせつを持つ、奇岩「スリーシスターズ」。赤いトロッコ列車に乗車して渓谷内を通り下へと降りて行きました。ここでの気温は8℃で冷たい風が吹いていました。日本では38℃ぐらいの気温になっていたのではと思います。  

シドニーブルーマウンテンズへ

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時47分23秒
編集済
  翌朝は、シドニー市内から1時間30分ほどで、シドニブルーマウンテンズへ。なぜブルーマウンテンズというのかは、辺り一帯がユーカリの木で覆われていて、ユーカリの木の葉から揮発する油分に太陽が当たり、山が青く霞んで見える事からこの名前が付きました。アメリカのグランドキャニオンの様でした。トロッコのような乗り物で、急坂を下ります。スピードは遅いが、まるでジェットコースターの様です。  

シドニー市内観光

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時33分40秒
編集済
  ミセス・マックォリーズ岬公園へ。シドニー湾の東側に位置する。ここからの眺めも絶好のロケーションです。大木の名前は不明ですが、たくさんの実が付いていて、蝙蝠(こうもり)の餌になっています。シドニーブリッジとオペラハウスが遠方に見えています。  

シドニー市内観光

 投稿者:タカやん  投稿日:2018年 7月21日(土)14時25分2秒
編集済
  市内は至る所で道路拡張工事中でした。やはり道路が狭いです。又、市内には教会が沢山建てられています。昔の囚人たちが罰として建てたそうです。砂のレンガ造りが多い。セントメリーズ大聖堂。シドニータワーシティ。シドニータワーの高さ309mあります。展望台もあり。タワー付近は大阪の御堂筋の様なところで、夜は社交場として賑わっている。  

レンタル掲示板
/191