teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


はじめまして

 投稿者:桜るかメール  投稿日:2010年12月26日(日)23時55分20秒
  こんばんは、夜分に失礼します。秋花さんのサイトを気に入って、お気に入りのりんくをさせてもらいました、更新する予定がないのが寂しい気もしますが。
ブログも書かれているようですね。更新して欲しいですが、ちょっと残念です。
それでは、用件だけですが失礼します。

http://plaza.rakuten.co.jp/narikazuasa

 
 

(無題)

 投稿者:主腐  投稿日:2007年 7月25日(水)16時24分42秒
  秋花さん、お久しぶりです。大変ご無沙汰しておりました。
こちらのBBSをご覧になっているか解りませんが、
お知らせしたいことがあって伺いました。

この度、一身上の都合により
ブログ「主腐の友」を閉鎖することになりました。
抹消は7月末日予定です。
誠にお手数ではありますが、当方へのリンク解除をお願い致します。

今まで本当にありがとうございました!
 

はじめまして

 投稿者:かなんメール  投稿日:2006年10月20日(金)22時59分4秒
  秋花様
初めまして、「ヒゲセンボン」のかなんと申します。
つい最近思い立って感想ブログを作ったのですが・・・休止(涙)
作った暁には是非是非リンクさせて頂きたいと思ってた矢先で、暫くは本当にお忙しい事でしょうね。
お忙しいときにリンクのお願いなどに伺って申し訳ありません。

近頃急に寒さが増してきましたので、お体にはくれぐれもお気をつけ下さい。
ハイセンスな感想で更新再開される日ををお待ちしています。

http://say-romantica.jugem.jp/

 

お久しぶりです。

 投稿者:ぽん  投稿日:2006年 9月26日(火)22時05分22秒
  秋花さん、こんばんは。
最新エントリーで、同HNの方がいらしたので、こちらにお邪魔します。

今日来て見たら、ブログ休止のお知らせ・・・。おおう。
アメリカですか。今はBLも世界中で楽しめますけど、秋花さんの楽しい
ブログがしばらく見られないのはとても寂しいです。
落ち着くまで、メール等もできませんね・・・。うう。
月並みな言葉しか言えなくて申し訳ないんですが、旦那さま共々お体には
どうか気をつけてくださいませ。
再開を心からお待ちしております。

全然関係ないですが、昨日突然、天愛を一気読みしてしまいました。思えば秋花
さんのブログに出会えたのも、この作品と自分のホモセンサーのおかげ・・・(笑)
何か感慨深いものがありました(笑)
 

お久しぶりです・・・

 投稿者:あさぎ  投稿日:2006年 9月24日(日)09時53分35秒
  おはようございます。
久しぶりにお邪魔させていただいたもので(汗)、
秋花さんが一月も前に下さったレスの内容を、今さら拾ってもいいものか・・
掲示板全体の話題もありますし・・
しかも秋花さん、そろそろお忙しくなってきていらっしゃるのでは・・
と、気になることは多々あったのに、
「エリザベート」というワードに飛びつかずにいられなくなってしまいました。申し訳ないです。

秋花さん、「エリザベート」もご存知だったのですね。
もしやBLだけでなく、ミュージカルにもお詳しいのでしょうか。
私はエリザベートの、例の男同士のチューを見たいがために、何度も劇場へ足を運んだ阿呆です( ̄▽ ̄;)
黄泉の帝王×皇太子のデュエット曲に萌え、振り付けに萌え、キスシーンに萌え・・・・
「死」に憧れ、「死」に導かれ、「死」の接吻によって息絶える。
なんと背徳的で妖しい世界でございましょうか!思わず熱く語ってしまいますよ!
この萌えが高じて、他のミュージカルも見るようになり、
ミュージカルの話題用にブログまで作ってしまったんです。
本当に、「東宝ミュージカルは萌えの宝庫」ですね。
BL界やマンガなどにとどまらず、色々なところに萌えって散らばっているんだなあ、と思います。
これからも見つけていきたいですねー、腐女子的眼力で(笑)

http://minttea.jugem.jp/

 

読みました!(≧∀≦)

 投稿者:ゆちゅらぶ♪  投稿日:2006年 9月21日(木)23時41分2秒
  秋花師匠、みなさま、こんばんはです!

ついに読みましたよ~、「おお振り」!
掲示板で気になって気になって仕方なかったのですがやっと今日読めました!
1~6巻と今日漫喫にあったアフタの9、10月号。

ダーリンには間を飛ばすなと怒られましたが…(笑)
実は今日誕生日なんです、私。
娘を預けて食事に行く前にちょっと時間潰ししようと思った漫喫で読み始めたのが運のつき。

「…どうする?ごはん。自分の誕生日だから好きにしたらいいよ」

ダーリンもはや諦めモード。

「え…でもせっかく久しぶりに二人でごはんなのに……フードメニュー貰ってくるね♪」

ダーリンが寛大でよかったです(笑)
おかげさまでものすっっごい有意義な誕生日でございました。
新たな萌えをゴチソウサマでした♪

三橋も阿部もすっごいかわいいです~!面白かった~!
スポーツ系は主にサッカーまんがの人なので、野球はキャプテンとプレイボールくらいしか読んでないのですが、いいッスね!野球!
今日は木原さんのリベットも購入してきたのですが、この萌え萌え状態に木原さんは落差が激し過ぎてパンクしそうなので読むのは明日以降にします~。

あーそれにしても可愛かった~♪二人とも可愛くて甲乙付けがたいですねー!
コミックス買っちゃおうかなぁ…。
遅まきながらしばらく萌え萌えできそうです♪
 

同志はいた!?

 投稿者:黒ニコ  投稿日:2006年 9月18日(月)01時07分54秒
  >真琴様、こんばんは。
早速のカキコありがとうございます。高村女王からマニアックなマンガまでと、守備範囲が広いですね~。そんけー(はあと)です。

>あの有名なお二方を萌えの対象にしていいのか悩む理性
そ、それは言わないで~!それよりも相手のほっぺに付いたゴハン粒を取った後、食べちゃう「オカン属性の攻(仮)」がツボにぐりぐりHIT!でモデル問題は吹っ飛んじゃいました…。

>私も昨年少年誌でニアーというか…そのものなものを見つけました
『vassaload.』あれは…そのもの、ですね(笑)何も知らずに表紙買いして大当たり!でございました。吸血行為のエロいこと、エロいこと…!作者もおのれの萌え満載で描いたというだけあって、ツボが重なる人にとっては凄いご馳走だと思います。
不安要素はお話がキチンとまとまるのかということ。真琴さんのお話を伺うと、掲載誌もなんとなくアヤしいし、ちゃんと完結するんでしょうか?してくれ~!

>ひゆさん、こんばんは。
>これ狙いすぎですよね。(笑)
そうですね、ここにまんまと引っ掛かった腐女子がひとり…(笑)

孤島の住人の気持ちだったのですが、同志(?)がいらっしゃって本当に嬉しいです。ありがとうございました。
この場を提供してくれた師匠にも感謝!でございます。
 

はじめまして

 投稿者:ひゆ  投稿日:2006年 9月16日(土)23時25分3秒
  秋花さん、みなさんこんばんわ。
こちらでは初めてカキコさせていただきますv
ちょっと前まで掲示板の存在を知らなかったので、なんかビックリしました♪

前から気になってはいたのですが、ココを読んでいると
「マークス」が気になってしょうがなくなってきました・・w
マジで買おうかな~と思いつつ、詰み本が山盛りなんですよね・・。(悩)

>『vassaload.』
横レスすいません・・w これ狙いすぎですよね。(笑)

こっそり聞いた話なんですが、
この2~3年の間に編集さんが5人ぐらい、マガジン・マガジンから
マッグガーデン・一迅社・スクエニなど(他忘れた・・)に、移られたそうですよ~。
何かあるんでしょうか・・・またいきなり倒産とかはやめて欲しいですね。(爆)
それでBLっぽいのが増えてるのかな~なんて思ってしまいましたv
 

またまたおじゃまいたします。

 投稿者:月野  投稿日:2006年 9月16日(土)01時47分54秒
  秋花さん、みなさま、こんばんは☆

すでにご存知かもしれませんが、秋から合田シリーズの新連載が始まるそうですね。照柿文庫化に際しての高村薫さんのインタビュー記事を見たのですが、舞台は2001年、警部になった42歳の合田が宗教法人がらみの事件を追うというストーリーだそうで。中間管理職となり、係長として部下を引っ張る立場となった合田の新たなる苦悩(?)が描かれるということのようです。LJから6年後の合田と加納がどんな関係になっているのか、私の脳内では妄想がむくむくと展開中です(笑)
 

ニアー好きです。

 投稿者:真琴  投稿日:2006年 9月15日(金)02時50分23秒
  秋花様、そして皆様こんばんは。

忙しくてなかなか文庫版照柿と新書版照柿を比較して萌え対照表が作れないと悩んでおります。。。
しかもまだ買っただけで、文庫版照柿は積読になっていて…
月野様のおっしゃる
「合田、義兄の(貴代子のではないとこがポイント)実家に行く」改稿ポイントは要チェックですね。ふふふ…楽しみです。

>黒ニコ様
『BEATITUDE』
確かにニアーな萌えの香りが…って言ってもあの有名なお二方を萌えの対象にしていいのか悩む理性があったりしますが、
(私も「フジオとショータロー」でピンと来ました・・・)
でももういいの…ただの「ふじお」と「しょーたろー」ってキャラだと思うことにします。
ちょっとこれから先私もこっそりとチェックを楽しみたいと思います。

私も昨年少年誌でニアーというか…そのものなものを見つけました。
ちょっと有名なので知っていらっしゃる方も多いとは思いますが『vassaload.』というものです。
しかも、コミック誌が元々BLADEの増刊ということで最初のラインナップは少年誌っぽかったのに、なんか、今猛烈にラインナップがオタクくさい…というか腐女子狙いというか。
だって桑原水菜さんに影木さんに…花帰葬のコミック化なんてもう狙いがみえみえというか…
一体どこに向かおうとしているんだろう、この雑誌と不安になる雑誌ではございますが、
vassaloadは確かにちょっと魅力的な吸血鬼の話なので、すでに単行本も出ていますのでもし機会があれば是非どうぞ。
 

レンタル掲示板
/54