投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Congratulations !

 投稿者:Kozawa  投稿日:2017年 3月16日(木)11時41分3秒
  TOMAさん

桃谷高校の聴講課程修了、大学院修士科目の通信指導合格、
おめでとうございます。

テキストを読み、放送授業を120回以上視聴されたとは
本当に素晴らしいです。がんばられましたね。

これからは graduate student として
また新たな道を切り開いていかれることと思います。
ずっと応援しています。

最後の英語のメッセージもすてきです。
ランニングもそれ以外のことも、楽しんで続けてください。

I wish you the very best.
Good luck on your new journey !
 

現在

 投稿者:TOMA  投稿日:2017年 2月22日(水)06時51分58秒
  お久しぶりです!
桃谷高校も放送大学大学院もとりあえず落ち着きました。
放送大の院は、修士科目生(半年間の在籍)として、「音楽・情報・脳」の2単位を通信指導に合格し、試験も合格…とはいえ、試験中、頭の中が真っ白になって、しばらく内容がまとまらず、時間も目一杯だったのですがなんとか勝ち取りました。(テキストを読んで、放送授業を120回以上見ても、やはり難し過ぎました、単位が取れたのは自分のカでは奇跡に近いです)

桃谷高校の聴講も修了しましたので、そちらの聴講修了書なるものを待つのみです。

ところで、ネットの検索エンジンで、英語で大学院を「graduate school」、大学院生を「graduate student」というんですね。
今の日本では、通用するのか、僕にはわかりませんがど、若干嬉しいです、はい(smile)

本当に、良い一年でした。

p.s.

I'm fine! This year was very precious.
Now my hobby is running.
It is fun. Maybe,forever enjoy things.
 

お久しぶり!

 投稿者:Kozawa  投稿日:2016年 9月20日(火)19時12分14秒
  TOMAさん、お久しぶり。

書き込みありがとう。お返事が遅れて、ごめんなさい。
桃谷高校通信制の聴講、放送大学のコース、英語をがんばっておられて、うれしいです。
桃谷の授業科目、リーディングとライティングが廃止されているとは…。
時の流れを感じます。

大学院も出願されたとのこと、
さらに、専門的な勉強の世界が広がりますね。
お体に気をつけて、がんばってください。

また、近況を教えてください。

Good luck with your studies and always have fun !
 

近況

 投稿者:TOMA  投稿日:2016年 9月12日(月)20時31分0秒
  先生、お久しぶりです、お元気ですか。

実は、今年度の現在、桃谷高校の通信制の聴昼生として帰ってきています。

目的は、以前お話しした在学当時苦しんだ科目への再挑戦でした。

ですが、以前書いた(投稿日:2015年 2月21日(土)01時13分18秒)リーディングもライティングも現在、廃止されていた科目でしたので、聴講可能規定の三科目だけ選ばしていただきました。

英語Ⅰ入門、コミュニケーション英語Ⅰ、英語演習の三科目(合計8単位の科目)です。

レポートには最初、以前より気持ち幾らか、楽でしたが、やはり、苦手意識も少しありました。
しかし、二範囲に至るまで、順調にスクーリングもレポートもこなせて、残り少しで、必要スクーリング回数になります。レポートは3範囲が不安ですね(汗

それともう一つ、放送大学の一年間のコースに在学しているのですが、受講した二科目、「産業とデザイン」「英文法A to Z」のどちらも半年で単位を取得し、4単位の単位認定証明書を放送大学からいただきました。ですので、

残りの半年は、桃谷高校と向き合うことになりそう、そう言いたいところですが、英検を受けることと、大学院への科目履修での進学等も考えています。ですが、大学卒業に関していえば、費用や根気の面で判断し、学位取得までは考えていません。

今朝、大学院へ出願したので選考待ちです。
半年で一科目だけの受講にするので、3万円と数千円程と非常に安価なんですが、頑張りたいと思います。

P.S.院での受講予定の科目は英語関係ではありません。脳等の事についてです。
それでは失礼します。
 

Happy Birthday !

 投稿者:Kozawa  投稿日:2015年 7月26日(日)18時23分26秒
編集済
  Happy birthday,  TOMA-san !
26歳のお誕生日、おめでとうございます。

暑い夏ですが、勉強がんばっておられますね。
体調もいいようで、安心しました。
「英語が好き」とのこと、うれしいです。
お身体に気をつけて、今の勢いで、
今できることを思いっきり、がんばってください。

TOMAさんの世界がますます開けますように。

また、結果を教えてください。

have a nice summer !
 

近況

 投稿者:TOMA  投稿日:2015年 7月25日(土)06時38分45秒
  ええと、昨日は、26歳の誕生日だったので、今回は近況を報告に来ました。

今年の3月(実質2月)から~6月まで、Z会大学受験 京大英語 本科 通年のコースを受講していました。本来ならば、1年通して、受講する予定だったんですが、秋田大学理工学部通信教育講座の科目履修生になるためにコースを7月~8月だけ難関国公立のコースに変えてもらって、6月から、Z会と併行して、秋田大学理工学部通信教育講座の情報工学概論の1科目だけですが、受講しています。(しかし、秋田の通信教育講座には英語が無く、Z会の先生の提案での変更で、尚且つ、学生証はありますが、秋田大学の学歴は履歴書に記載できないという規則を大学側から事前に聴いています。)また、7月からはユーキャンのMOS合格対策講座の受講も始めて、三色わらじの生活をしまいます。Z会は、8月で終わりですが、両コース、本科と銘打つだけあって、毎回辞書を引きながらも、かなり難しくて京大コースは平均20~40点が限界でした。難関国公立は60点程度は取れたのですが、流石にZ会の定めた目標点にはなかなか届きません(汗
今、Z会は最後の追い込みで、秋田大学は報告課題をA評価で終えられたので、テストを3年以内に終わらせたらいいと言われているので、かなり余裕を持てています。

また、グロービッシュという、バックパッカーに必要な、必要最低限の1500語の単語を覚えるだけで英会話ができるようになるという、英語術にも興味を抱き、英語漬けの日々です。Z会の先生に質問したところ、グロービッシュは、日本では、まだ認知度が低いと言われましたが、これから先、数十年経つ頃には有名になるだろうと、僕は、実際、本で触れて確信しております。

かなり無茶生活をしていますが、桃谷時代、当時の事を思えば、難なくこなせています。前回、書かせていただいた神経の病気は顔(顔はほとんどの人に気付かれない程度には、痙攣は無くなってきましたが)及び、脳の病気ですので、主治医には、あまり無理はしないでくださいと言われていたのですが、英語が好きすぎて、趣味の状態なので、なんとも言えません(笑

以前は、簡単にこなしていた、読書のスピードを元に戻すもしくは、それ以上にすることも目標です。


余談ですが、運動も筋肉トレーニングもちゃんとできますし、両利きですので、野球のキャッチボールも左右ちゃんとできる状態です。


それでは失礼します。
 

ありがとう!

 投稿者:Kozawa  投稿日:2015年 2月23日(月)18時59分0秒
  TOMAさん
書き込みありがとうございます。桃谷の卒業生の方からの書き込み、とてもうれしいです。私自身、転勤して早や7年になりますが、桃谷のことを忘れたことはありません。あの学校は、学びの原点だと思っています。TOMAさんは、桃谷高校在学中、ご自分でもたくさん努力されたのですね。今はご病気とのことですが、焦らずに療養して、もし、お時間があれば、また、NHKの英語番組や英語の映画、歌などに触れてみてください。きっと世界が広がることと思います。どうぞお体をお大事に。ではまた。
 

卒業生です。

 投稿者:TOMA  投稿日:2015年 2月21日(土)01時13分18秒
  当時、ライティングとリーディングの単位は捨てて、英語Ⅱとオーラルコミュニケーションに焦点を当てて勉強していました。レポートの音読だけでならず、NHK基礎英語Ⅰ、Ⅱのラジオをテキストを購入して聴いたり、リトルチャロを見たり、大変でした。うろ覚えですが、道案内の英会話を丸暗記した記憶は覚えています。当時、名古屋大学への進学を考えていましたが、家の都合で、受験も諦めました。その後、近畿大学通信教育部と文化服装学院に入学することになるわけですが(汗

近畿大学は二年次で中退しましたが、桃谷高校よりも苦労することはありませんでした。やはり、高校を3年で卒業するのが当たり前という環境で生きてきたせいだと思います。一年遅れたことは、度々、父に説教されてきましたが、編入前に高認を取得していたことと通信制ということもあり、幾分が後ろめたさはなくなっていきました。一年のブランクは僕にとって、非常に貴重な一年でした。本当に当時は有難うございました。現在は仕事を辞めて、ジストニアという神経の病気と闘っています。在校生の方の健康も祈ります。では。
 

丁寧なアドバイス、ありがとうございます!

 投稿者:chamy  投稿日:2013年 3月27日(水)10時43分24秒
  先生、丁寧にアドバイスいただいてありがとうございます。
先生のアドバイスを読んで本当にそうだな~って実感しています。考えてみると、人とのコミュニケーションでは、必ずしも言葉の能力の問題だけではないものがありますね。
ほんとうにありがとうございました!!
 

chamy さんへ

 投稿者:Kozawa  投稿日:2013年 3月26日(火)21時45分55秒
  Hello, chamyさん

お返事が遅くなってすみません。
私にとっては、何気ない日常会話もとても難しいです。
私の勤務校にも昨年9月からアメリカからの留学生がいますが、
ただの挨拶でも、聞き返されたりして、最初はよく落ち込みました。

たいしたことのない雑談でも、
わーっと早口で話されると、全部理解するのが無理なこともあります。
その時は、だいたいこんなことを言っているのだろうと想像したり、
わからなくても、わかったふりをすることもあります。
たわいない話だから、こんなもんでいいか~と思って…。

でも、意見の違いを確認して、妥協点を探したり、真剣に問題解決の討論をする時は
そんなことではいけませんから、わからない時は
「あなたの言いたいのはこういうことですか」とパラフレイズして聞いたり、
どうしてもわからない時は、紙に書いて確認したりします。

きちんと通じるかは、文法力ももちろんだけど、それ以上の理解力、
文脈を理解する力とか、文化的背景の理解とか、
相手の気質の理解とかが必要なのではないでしょうか。
同じ話をしていても、話しやすくて、すいすい理解しあえる人と、
どうも話づらくて、気持ちが通じにくい人がいます。
その人の心がこちらに開かれているか、日本に溶け込もうと努力しているか否かでも
違ってきます。

学校のテストの点数は悪くても、外国人とすぐ仲良くなれる人もいるし、
その逆の人もいますよね。
何が違うのかというと、心が開かれているか否かではないでしょうか。
かくいう私も失敗ばかりで、まだまだ修行中ですが…。

chamyさんは外国の人たちと交流するのが楽しいですか。
きっと、心が開いていて、誰とでも打ち解けることができる
素晴らしい資質をお持ちなのでしょう。
心に情熱がある限り、どんな失敗も知恵に変わります。
いろいろと試行錯誤をしてみてください。
 

/32