teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


春に想う

 投稿者:越川メール  投稿日:2010年 5月12日(水)16時03分11秒
   母の「納骨・七七日忌の法要」を4月10日(土曜日)地元の「会ノ谷共同墓地」で執り行いました。墓地は7年前父が他界したときに購入したもので、当時かなり負担に感じました。が、今、手当てしようと思っても実現は困難だったでしょうから購入しておいて良かったです。
 納骨・49日の法要に参列頂いた皆様の御交誼に対し心から感謝の意を表すと共に私共に対し今後共尚一層の御高配を賜ります様心からお願い申し上げます。
ひとまずの区切がついたので、遺品の整理をしているが、歳のせいか涙腺が弱くなったようで、母のことを想い出しては、手が止まってしまい思うように進まないのが現状です。
 鉢植えに花を咲かせる季節が巡ってきました。春、希望の花を咲かせましょう。

http://www012.upp.so-net.ne.jp/communicat/

 
 

自動車産業を考える

 投稿者:管理者  投稿日:2009年 1月24日(土)16時28分30秒
  アメリカでも昨年の中頃から、原油の高騰によるガソリン価格の値上げで自動車の販売が振るわなかった。
特に中・小型車の割合が少ないBIG-3の落ち込みは激しかったようだ。
日本では、2~3年前から比較的健闘していたのは軽自動車だけであったが軽自動車も息切れしてしまった。
地方都市では公共交通機関が衰退してしまったので、自動車が生活の足として必需品となっているが、その
需要に応えていたのが軽自動車であったのだ。
 一昨年まで、日本は好景気であると言われてきたが内需は不振であって輸出に支えられた好景気だったの
だろう。小泉内閣の下で行われた構造改革・規制緩和が、弱肉強食を推し進め弱者を自己責任として切り捨
ててきた結果、国内景気が脆弱になってしまった。大手企業の株主配当や、経営者の収入は増加したが日本
の労働分配率は01年が68.5%であったのに、04年(第3四半期まで)は63.6%にまで落ちてきている。
その傾向は、今も続いている。
 昨年、自動車業界が派遣労働者の契約打ち切りで社会問題となったが同時にHONDAがF-1からの撤退を発表
した事も話題になった。これは単なる業績の悪化を見通しての撤退ではないのではないかと私は思う。
自動車のエレクトロニクス化は、今後避けられないと言われている。F-1からの撤退は、ガソリンエンジンへ
の投資からの撤退でもあると思う。この機を狙って自動車のエレクトロニクス化への投資に方向転換したの
ではないかと推測するのだが、この流れは主流になると思う。
 

年末に思うこと

 投稿者:管理者メール  投稿日:2008年12月31日(水)23時24分55秒
  28日に年賀はがきを投函した。数年前から喪中の知らせが複数届くようになり
自分の年齢に重みを感じるようになった。例年より年賀状の枚数を半減させた
のは、どうしてもポジティブに物事を考えることが出来なくなったからだ。
今年は公私ともに大変厳しい一年だった、来年は希望の持てる一年なるように
と願っている。努力して頑張って切り開いていきたい。

CS放送でアメリカの金融バブルの崩壊について、気になる解説があったので
お知らせしたい。自動車や、エレクトロニクス製品の輸出で日本経済は好景気
を維持してきたが、アメリカの金融バブルの崩壊で日本の輸出産業が大きな打
撃を被ることになった。それは、アメリカの消費構造が金融政策によって膨ら
んでいた訳で実態経済も同時進行で崩壊してしまったからだ。自動車産業が、
一番深刻なのだがその事については次回お知らせします。良いお年を!!!!
 

メガ食に思う

 投稿者:木部 正明メール  投稿日:2008年 5月20日(火)17時58分52秒
  このごろは胃が弱くなってきたのか、「すきや」の牛丼カレーの大盛りを食べたら胸やけがして夕食にも影響してしまいました。 それにしても、メガバーガーなどの超特大食ブームには驚きますね・・。 昔話をついつい思い出してしまいますが、大東の現場の人たちには大食いの人が多かった? 高松君や先輩がたもカツ丼大盛りにラーメンといった組み合わせを毎日飽きずに食べてました。 近くの大衆食堂に高松君と行ってごはんを頼んだ時に「並にしますか?」と聞かれて「はい。」とうっかり返事してしまい、出てきたのは並々と盛ったどんぶり御飯でした。「ここでは小盛りと言わねば普通の茶碗飯はでてこないんだ」と言われても後の祭りでおかずが食べれなかった記憶があります。 いまは肥満がメタボなどと言われる不名誉な時代、なんでメガ食なんでしょうね・・。 世の中に充足感が得にくくなっており、せめて安いドカ食いで満足を得たいのでしょうか? 食事にも気をつかわねばならぬ歳になってしまった私どもとしては現代において何に満足すれば良いのだろう。  

大東OB会秋の旅行に行ってきたよ!

 投稿者:木部 正明メール  投稿日:2007年10月25日(木)15時54分32秒
  先日、ザ・コミニュケート秋の旅行として貝掛温泉に行ってきました。新潟と群馬の境目近くにある「日本秘湯を守る会」の加盟旅館ですが、越川幹事が「目に効く湯だから」とお勧めで期待をふくらませて行ってきました。37.8度のぬるめのお湯は紅葉がちらほらの時期としては肌寒い感じですが、おかげで一時間も話しながら浸かっていてもよいません。
夕食も久しぶりに美味しいものにありつけたなと思いました。派手ではないけど素材が良いのでしょう。宿は我々団塊世代の更にひと世代前の元気なグループがたくさん来ていて満室状態でにぎやかでした。
ウオーキングスタイルの年輩グループには何処でも出会いました。我々はあの人達くらいになった時、あんなに元気で居られるのかな・・と、年金おそだし時代のものにとしては複雑な気持ちになりました。
心配された天気はまずまずで、紅葉が始まりかけた湯沢アルプの里や苗場・田代高原で遊び、大源太キャニオンの収穫祭でキノコ汁や石釜焼ピザを食べたりと満足でした。
越川幹事、ご苦労様でした。雰囲気のある良い旅館とぬる湯は楽しめました。
 

今年は暑い夏です

 投稿者:常見言次郎メール  投稿日:2007年 8月21日(火)15時32分11秒
  今年は北海道(旭川市だけど)も梅雨のような湿度で蒸し暑く、新聞によると、牛とか鶏とかにも被害が出た模様です。
六本木大東の隣のクリーニング店なんて、全然記憶にありません、木部さんは、記憶力がいいですね、そして社会に対して熱く、怒りをもっているのも若さですよネ。
僕がおぼえているのは「大越」のビーフシチュー(オニオンスライスが付いていたからビーフシチューじゃないかも)とそしてアオイスタジオの向かいにあった「アミハイ」という喫茶店です。荒川さんと、お昼休みにほぼ毎日行ってました。すごい美人のオーナーがいて「ピラフ」が絶品でした。ジュークボックスがあって、ピンボールマシンがあってそして場所柄(アオイのそば)多くの芸能人が来ていました篠田監督が相席を進められ、ちょっとムットして帰った事がありました。
木部さん、会社ではあまり話したことがありませんでしたが、組合事務所とか橋本とかと一緒の姿が目に浮かびます。お元気そうですね。歳のせいでしょうか、妙に若かりしころが懐かしく思い出されます。昨晩「かもめ食堂」のDVD観ました、なんにもない、穏やかな話に、惹かれます、それじゃまた。
 

一期一会

 投稿者:木部 正明メール  投稿日:2007年 8月10日(金)10時48分56秒
  今日は会社に自転車で通勤。健康とガソリン代節約と一石二鳥だ。
生来、貧乏性なのか体重60kgくらいの人間ひとりを運ぶ為に1.8tの鉄の箱を走らせるなんて信じがたい浪費だと思っている。
自転車を走らせていると、前方から来た人に挨拶された。なんと、竹馬の友で歯医者のI君だ。いつもランクルで出勤していたのに、彼もリュックを背負って自転車にまたがっていた。同じ考えの友がいたと、嬉しくなった。
六本木大東の隣のクリーニング店のおばさんを、皆さん憶えてますか?
東京出張で近くまで行った際に顔を会わせて、大病を患ったこととかいろいろ伺いました。
いまではお米の宅配のお客さんになってくれてますが、その後行く機会がなくて残念ですが年賀状を下さっています。もし誰か近くに行ったら最近の様子を教えてください。
昔から袖すれあうのも何かの縁といいますが、今日笑顔で会話できても明日もできるとは限りません。先日、高校のクラブの同期会で長野の湯田中温泉に遊びに行ってきましたが、東村山市から参加した女性に「こんな歳になると会があるたびに、今回は誰にあえるかな?と不安になることもあるけどたとえ2~3人になっても来れることができれば儲けものと思って来ているよ。」と言われてぐっときました。
これからは出会いのひとつずつを大切に毎日を送らねばと思いました。
 

憤懣やるかたなし

 投稿者:木部 正明メール  投稿日:2007年 7月21日(土)11時42分34秒
  取り立てる時はうむを言わさずに徴収し、払う段になると申請してきた人のみ記録が残っている分だけ支払ってやる?!! その記録だっていいかげんに処理しており、確認は騒ぎが大きくなってから始めたので時間が必要だ?!! こんなお役人たちに優秀な人材が集まらぬと困るからと立派な給料を払い手厚く保護して、退職後も職安に通わせるのは老後が不安だろうと二、三年ごとに退職金をくれる外郭団体や関連企業の世話をする天下り制度を整備して渡り鳥官僚のあだ名を頂くほどの厚遇・・。
柏崎に原発をつくる際もろくに調べずに適地調査に合格させて活断層の真上に甘い耐震設計の原発設備を造り、地震が起きて壊れたら想定外・人智の限界などとしらを切り、監視役の安全保安院が新潟県から対応を問い合わせられてから始めて検討を開始する始末。
国や役所は国民のためにあるのでは無く、役人と政治屋のためにあると考えて納得するしかないのだろうか?中国を笑ってられない。五十歩百歩だ。
 

なつかしいね

 投稿者:常見言次郎メール  投稿日:2007年 5月 2日(水)16時57分59秒
  2.3年前から時々見てました
下屋敷とか山広とか小原さんとか
懐かしかったです 僕は小さな印刷会社でMACやってます
またメールします
 

書き込み有り難う

 投稿者:管理人  投稿日:2006年 9月 7日(木)22時40分59秒
   木部さん、書き込み有り難う。投稿は2年ぶりぐらいだと思います、あまり人気がないので
掲示板をリニュウアルしようと思っていたので、チェックを入れていませんでした。
ソンなわけで、私もちょっと一言。
 皇室に何十年ぶりかで男子が誕生して、話題になりましたが、今イチ盛り上がりに欠ける
今日この頃 皆さん如何お過ごしですか。
 戦後初めての「女性天皇」の誕生を期待していた女性達には、少々シラケた気分になった
のではないでしょうか。右傾化した保守層は、男系の皇位継承が維持できることで、皇室典範
の改正先送りをし「慎重に議論すべきです。」(小泉発言)と当面 世論の動向を見ながら
静観する姿勢を見せています。
 民主主義と、男系の皇位継承が、相容れないことは常識のある人間なら誰でも解ること
ですが、日本では、戦前の思想がまだ根深く残っているのでしょうか。側室制度を認めるか、
男子が産まれるまで離婚・再婚を繰り返す方法をとらない限り、男系を守ることは出来ないと
思います。 近代においてヨーロッパの王室がどう変わってきたか、政治家は勉強すべきです。
などと思いつつ、話は、ころっと変わって、実は、先日2日3日と1泊二日で新潟の湯沢に
行ってきました。温泉につかって、居酒屋でチョット飲んで、「笛田」のおばあちゃんに朝食
をご馳走になって、のんびりしてきました。朝晩、涼しくて気持ちよかったです。木部さん、
お元気そうで何よりです。また逢いましょう。新潟っていい所ですネ。2006.09.越川
 

レンタル掲示板
/7