teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


質問

 投稿者:亀島 敬司  投稿日:2016年 2月27日(土)14時33分32秒
  1965か1966年頃、小林泰彦先生が平凡パンチに依頼され取材して掲載されました国道195号周辺記事を思い出したのですが、何月何日号か分かりませんか。その中でヘルメットを被って自転車で登校している中学生の記事がありました。  
 

動画アップしました

 投稿者:米山  投稿日:2014年 4月29日(火)19時08分20秒
  小林泰彦さんに『ヘビーデューティーの本』『ほんもの探し旅』について語っていただいた動画をyoutubeにアップしてあります。
1時間40分近い長編ですが、つまみ食いでも結構ですのでのぞいてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=H23kKNSJnsI
 

出版のお知らせ 

 投稿者:小林事務所  投稿日:2014年 1月17日(金)11時56分28秒
編集済
  <出版のお知らせ>

「小林泰彦のほんもの探し旅」小林泰彦 ヤマケイ文庫は
 定価850円 3月下旬 発売予定です。










 

ほんもの探し旅/トークイベント

 投稿者:小林事務所  投稿日:2014年 1月14日(火)15時35分0秒
  <出版のお知らせ>

「小林泰彦のほんもの探し旅」小林泰彦
ヤマケイ文庫(価格未定)
1983年に出版された「ほんもの探し旅」が復刻版で山と渓谷社からヤマケイ文庫の
一冊として出版されます。
2014年3月の予定です。
丸太小屋、ドームハウス、トラッパーネルスン、かんじき、風力発電、発酵ガス、
ソーラーハウス、まきストーヴ、カウチン・セーター、シェーカービレッジ(自給自足村)
「北越雪譜」、琉球ガラス、大町山岳博物館、ナイキシューズ、などが出てきます。
どうぞよろしく。



<トーク・イベントのお知らせ>

2014年2月1日(土)
一昨年暮に急逝された寺崎央さんを偲ぶトーク・イベントが池袋・ジュンク堂書店で行われ、
長濱治さん石川次郎さん、そして小林が参加。詳細は池袋・ジュンク堂サイトで。










 

トークショー

 投稿者:小林事務所  投稿日:2013年11月18日(月)14時39分58秒
編集済
  小林泰彦トークショー

ヤマケイ文庫「ヘビーデューティーの本」発売記念
『復刻版・ヘビーデューティーの本』と“ヘビーデューティーの時代”
をテーマに小林が語ります

2013年12月7日(土) 19:00~21:00
代官山 蔦屋書店 1号館2F イベント会場
先着30名様
参加費 1000円
または「ヘビーデューティーの本」とオリジナルポストカードを
ご購入の方に参加券をお渡しします
申し込み 03−3770−2525(7:00~2:00AM )
または代官山蔦屋書店3号館1Fレジカウンター










 

お知らせ

 投稿者:小林事務所  投稿日:2013年 8月 8日(木)10時27分28秒
編集済
  1977年に婦人画報社から出版された
「ヘビーデューティーの本」の復刻版が
山と渓谷社から文庫判で出版されます。

ヤマケイ文庫
『ヘビーデューティーの本』小林泰彦
発売8月22日 山と渓谷社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それにともなって、蔦屋書店に『ヘビーデューティーの本』
コーナーが設けられますので、近くへお出かけの折は
お立ち寄りくださるとうれしいです。

代官山・蔦屋書店ヤマケイ文庫『ヘビーデューティーの本』コーナー
8月23日より一ヶ月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また丸の内にてトークショーが行われます。

ヤマケイ文庫『ヘビーデューティーの本』発売記念
小林泰彦トークショー

9月20日(金)
開場18:30
開演19:00
トークショーのあと小林への質問コーナー、サイン会を予定。
定員 60名(先着順)
参加費 1000円(ワンドリンク付)
場所 マルノウチリーディングスタイルCafe
   千代田区丸の内2−7−2KITTE4F
   03−6256−0830
   OPEN 月ー土11:00~21:00 日11:00~20:00

チケットの電話予約は山と渓谷社で受付中
03-6744-1904 山と渓谷社出版営業部 





.

http://

 

遅くなりました。

 投稿者:小林事務所  投稿日:2013年 5月28日(火)13時52分3秒
  Kenken 様

返事が遅くなりまして、申し訳ありません。
メッセージありがとうございます。
叔母様所有の絵画の件、小林に伝えました。
返信がありしだいこちらに書かせていただきます。
よろしくお願いいたします。

 

小林さんの作品について

 投稿者:Kenken  投稿日:2013年 5月 7日(火)21時52分16秒
  ごぶさたしています。リンクさせていただいています「江東区ドットネット」運営してます田中です。
「謎と秘密の東京散歩」の御出版おめでとうございます。
実は、平成10年に亡くなった私の叔母が所有していた絵画が小林さんの作品のようです。
その絵画の景色が終戦後の文京区の景色の様に見えます。まさに「謎と秘密の東京散歩」です。
Facebookに写真を掲載しました、何かご存知でしたらコメントをお願いします。

https://www.facebook.com/?ref=logo#!/photo.php?fbid=549344551776050&set=a.345801922130315.78502.100001015311843&type=1&theater

 

お知らせ

 投稿者:小林事務所  投稿日:2013年 3月19日(火)08時36分3秒
  4月7日(日)夜10:00
BS朝日『Partner』
〝にっぽん建築散策〟大阪中之島船場篇 
小林が例によって狂言回しで出演します。
今回のゲストはNYで唄っている女性ジャズシンガーで身長180センチに
10センチのヒールをはいて登場します。
乞うご期待。
http://www.bs-asahi.co.jp/partner/index.html
 
久しぶりで小林の本が出版されます。 
『謎と秘密の東京散歩』 
三菱UFJニコス(株)のカードマガジン『Partner』に連載中の
小林の記事を一部改め一部書き下ろして本にまとめました。
入手して損はない本だと思います。
4月24日発売予定 ¥1470
版元・JTBパブリッシング
どーぞよろしく。
 

鷲見啓子 様

 投稿者:小林泰彦  投稿日:2012年12月24日(月)16時26分1秒
  たいへんごぶさたですね。
お元気なようでうれしいです。
私の方はまあ元気といってよいかな。
いまどんな人生ですか
絵を描いてますか
元気で楽しくやっているといいですが
なんといっても人生元気で楽しいのが一番ですね。
それでは…

小林ヤスヒコ
 

蜷川真夫 様

 投稿者:小林泰彦  投稿日:2012年12月24日(月)16時23分11秒
  ごぶさたしております。
小林はトシ相応に元気にしております。
昔、朝日新聞記者として新宿の若者係で辣腕をふるわれました蜷川さんは
私の記憶にも鮮やかであります。
ますますお元気でご活躍くださいますように

小林ヤスヒコ
 

失礼致しました

 投稿者:鷲見啓子  投稿日:2012年12月 2日(日)16時15分48秒
  先日投稿した際、泰彦さんの
お名前に誤字がありました。
失礼致しました。
 

お元気ですか?

 投稿者:鷲見啓子  投稿日:2012年11月28日(水)15時00分23秒
  先日、登山グッズのレンタルバックに康彦さんのイラストを
拝見しました。
懐かしく暖かい気持ちになり思わずメ-ルさせて頂きました。
お元気でしょうか?
 

お元気そうで

 投稿者:蜷川真夫  投稿日:2012年 4月20日(金)14時18分59秒
  朝日新聞4月19日夕刊で、相も変らぬ若々しい小林さんの写真を発見。ちょっと太りましたか?

http://www.j-cast.com

 

テレビ出演

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 4月11日(水)09時59分20秒
  『PARTNER』連載中の「にっぽん建築探索」がTV番組になって放送されています。
すでに盛岡篇と仙台篇が放送されましたが、次回は以下の通りです。
4月15日(日) 22:00 BS朝日
『PARTNER』(番組名)
このコーナーの中の一つが…「にっぽん建築探索・水戸篇」
ということで、小林もちょっとだけ顔を出します。それでは、よろしく。

小林泰彦

http://www.bs-asahi.co.jp/partner/

 

ご無沙汰、お許しください

 投稿者:浜野安宏メール  投稿日:2011年10月28日(金)06時45分16秒
  こつこつと、報酬も少ない,報償もない、しがない街づくりをしています。
いま、私の「想い」を集めた本の作成中です。ふるいスライドの整理をしていると,何度か小林さんの気配を感じました。
「若者の街」もでて来て,目の前にあります。アーさんの「バックパッキング入門」もでてきました。
相変わらず,フライフィッシングではアイスランドからフェーゴ島まで言っていますし。
イヴォン・シュイナードとはジャクソンの別荘で隣同士です。ログハウスを建てて27年目に入ります。その結実はパタゴニアとチームハマノで東京神宮前に小さなビルを造りキャットストリートに繋がりました。
ファンド経済が暴れる様になってから街づくりも面白くなくなり、中国、台湾、タイなどに面白い仕事を訪ね歩いているうちに,70歳ななりました。
小林さんはだいぶ先輩でしたから、かなりのお年と思います。最近の様子が知りたくなりました。
私はホームページでグログを書いてます、。チェック入れてみてください

最近,北海道の道東を流れる川の源流域で78センチのアメマスをしとめました。これもブログにアップしています。

http://www.teamhamano.com

 

2011年

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 1月 9日(日)02時21分55秒
  新年おめでとうございます。
本年もよろしくおねがいいたします。
 

2010年

 投稿者:管理人  投稿日:2010年 1月 8日(金)15時34分56秒
  あけましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいいたします。

お知らせです。
このたび「美術手帖」2010年1月号で小林泰彦の画業が紹介され、インタビュー記事が掲載されました。
興味をお持ちの方はご覧いただければ幸いです。
106ページ~111ページが、その記事です。
 

菊地雄次  様

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 5月 2日(土)20時49分10秒
  管理人です。
書き込み、ありがとうございます。
小林からの伝言をメールをさせていただきました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
 

ツアー

 投稿者:菊地雄次メール  投稿日:2009年 5月 1日(金)17時57分25秒
  小林様 突然のメール失礼致します。先日、銀座で偶然ノエビアギャラリーで小林さんの
作品を拝見させて頂き、懐かしい思いでメールを出す次第です。
私は菊地と申します。昔メンズクラブのツアーを担当し、小林さんとも海外へご一緒させて
頂いた者です。今も旅行の仕事をしており、一度、小林さんにツアーのご相談
(絶対に大反響間違いなしと考えていた企画です)が出来ませんかと考えております。
ご多忙の中、勝手申しますが、少しでも時間がつくれるようであれば是非お会いしてお話をさせて頂きたいと考えております。
何卒ご検討下さいますようお願い致します。
FRM:菊地
 

レンタル掲示板
/7